Pocket

かんざきあつこです。

今日は、とある投稿を見て感じたこと、

お料理が上達する人と、そうでない人の違いなどを書いてみます。

 

「カボチャの面取り」について。

「家で食べるなら見た目の美しさは、どうでもいいし時間の無駄。
SNSに載せる為に面倒なことするのは暇人。」

そんな投稿を目にして、なんだか残念な気持ちに。

批判している内容ではなく、排他的な思考が残念だなぁと。

私は、普段から面取りするけれど決して暇人ではないし

(仕事以外は)人に見せる為に料理してるのでもない。

 

「しない」ことを間違いと言いたいわけではないのです。

「なぜ面取りは必要なんだろう?」

もし投稿前に疑問に思って調べていたら見た目の為だけでなく、

煮崩れしにくいという理由があることを知ったはずで

実際に試してみると、長時間煮込んでも皮が剥がれないことに気づく。
(もちろん火加減も大事)

カボチャは皮がなくなると崩れて、煮もの味のスープになる(笑)

↑面倒でさつまいもの面取りをしなかったから皮がピンチ!の悪い例。笑

 

うちは、子供達が柔らかくてホクホクで味が滲みた

煮物が好きだからじっくり時間をかけて炊きあげる。

だからその過程として面取りは必要になる。

手早く仕上げる硬めの煮物なら面取りは必要ないかもしれない

何にでも言えるけれど無知ゆえに「しない」人と

「しない選択をする」人では違う。

両方を知ったうえで自分で判断し、選択することが大切。

無知が悪いのではなく、知ろうとする努力をしないこと、

選択肢を持たないことがもったいない。

 

料理本の撮影現場では見た目を良くする為に

油を塗って艶を出したり、表面を保つために

生焼けで仕上げたり、食べられないものを詰めて

ボリュームを出したり、ビールに塩を入れて

泡を復活させることがある。

 

食べられず廃棄することになるけれど

「美しく見せる方法」としては間違っていない

仕事に必要なので方法として学び、知識として持った上で

実際に「するかどうか」選択していく。

 

私の場合、自分の食に対するコンセプトとは合わないので

料理本の撮影時にも、それらの方法は使わずに

食べられる方法で代用できないかを模索した。

クリックするとAmazonに飛びます

↑こんな本。

 

結果、編集者さんやカメラマン、スタイリストさん達と

スタジオで皆とワイワイ言いながら試食できて楽しかったし

食材を廃棄して胸を痛めることもなかった。

 

疑問を持ち、他の方法を模索したり行動してみることで

知識や経験は増えていく。

レシピ開発も、実は見えないところで何度も実験を繰り返し、

メモを取り成功例と失敗例を知識として蓄えた上で

次の仕事に活かし、繋いでいる。

 

批判したり切り捨てるだけでは新たな発見や成長はない。

そこで終わってしまう。それって、もったいないと思う。

 

ちなみに面取りはピーラーでも簡単にできるし

ビールの泡は割り箸を入れてトントンすると復活します✨

是非、試してみてくださいね♪

 

写真は昨夜の夕飯。

今日から出張で留守なので昨夜は家族の好きなもの尽くし♪

この季節、八百屋の友達が切り落とした

大根葉をたくさんわけてくれるので嬉しい💕

冷凍保存して、暫くはアレンジを楽しみます(*´﹀`*)

 

 

【大根葉に関する過去の掲載レシピ】

大根葉と昆布の即席漬け

大根葉と豚肉の生ふりかけ

大根葉とじゃこの簡単炒飯

※レシピのほかに大根葉の栄養、保存方法、

葉を切り落とす理由なども書いてます😉

 

 

*南瓜とサツマイモの煮物

 

*もやしナムル

 

*ほうれん草お浸し(息子リクエスト)

 

*ほうれん草胡麻あえ(娘リクエスト)

 

*大根葉とじゃこの菜飯

*しじみの味噌汁

作り方なども、また紹介していきますね。

 


【ベーグル販売イベント情報】
1月19日(土)11時~ ※売り切れ次第終了

場所:「アーティストレジデンス」

京都府京都市下京区 東中筋通五条下ル 天使突抜3丁目454

イベント詳細*Facebookページ

 

素材の味と旬を楽しむ*ナチュラルベーグル販売

A&A工房*ネットショップ

A&A工房*ミンネ通販

1月22日(火)12時~ ※売り切れ次第終了

場所:「雑貨屋Tickle。」 大阪市西淀川区御幣島2-7-5

雑貨屋Tickle。ブログ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です